読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発クライシス (著)高嶋哲夫

予備知識ゼロで読み始めたもの。

原発がテロリストにジャックされる、という話だった。

もっと災害的なものを予想していたのだが。

さて、本作では、自衛隊の国内での交戦が前半のハイライトとして描かれる。

そして、後半は、原子力学者が自衛隊と共にジャックされた原発に乗り込む様子が描かれる。

終盤のなんだか端折った感は残念だったが、全体としては面白かった。 

原発クライシス (集英社文庫)

原発クライシス (集英社文庫)