読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イニシエーション・ラブ (著)乾くるみ

山本弘(著)「世界が終わる前に BISビブリオバトル部」に触発されたミステリー群の1冊。 そういう作品だという前提で読んだせいで、物語の中盤でその構造に気がついてしまい、以降はその確認と物語の流れを2重に楽しむことができた。 全くの先入観なしの…

原発クライシス (著)高嶋哲夫

予備知識ゼロで読み始めたもの。 原発がテロリストにジャックされる、という話だった。 もっと災害的なものを予想していたのだが。 さて、本作では、自衛隊の国内での交戦が前半のハイライトとして描かれる。 そして、後半は、原子力学者が自衛隊と共にジャ…

今日のBGM「松原みき ゴールデン☆ベスト」

2月に取り上げたベストとは異なるベスト盤。 こちらには、シングルバージョン曲が3曲収録されている。 最近カーラジオで「真夜中のドア(シングルバージョン)」がオンエアされていて、聴きたくなった。 松原みきゴールデン☆ベスト アーティスト: 松原みき…

今日のBGM「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック」

今日のBGMは「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック」。 アニメ本編で既製曲も多く使用され、それらも収録されたサントラ。 2枚組で、2枚目はどちらかというとおまけ的要素が強い。 とはいっても、「あんこう音頭」がまさかのフルコ…

今日のBGM「Footloose: Original Motion Picture Soundtrack / V.A.」

今日のBGMは「Footloose: Original Motion Picture Soundtrack / V.A.」。 CDラックを整理していて急に聴きたくなった。 映画そのものは普通の青春映画だったけど、使用された楽曲が素晴らしい。 それぞれが単独でヒットが狙える質の高さ。 今聴いても新鮮…

今日のBGM「Station To Station / David Bowie」

今日のBGMは「Station To Station / David Bowie」。 40年前の作品。 収録曲はわずかに6曲。 その一方で、完成度は非常に高い。 そこにはひとつの宇宙がある。 Station To Station アーティスト: David Bowie 出版社/メーカー: Emi 発売日: 2003/07/21 メ…

今日のBGM「All Things Must Pass / George Harrison」

今日のBGMは「All Things Must Pass / George Harrison」。 2枚組CDの2枚目。 もともと3枚組のLPがあって、それがCD化に際して2枚組に。 CDの2枚目にはオリジナルアルバムの2,3枚目が収められていて、気に入ったのは3枚目相当の、いわゆる …

映画「アベンジャーズ」

2012年公開の無印アベンジャーズをTVで鑑賞。 ハルクやマイティ・ソーを観ていなくても何とかなった。 これまでの単独ヒーロー物に比べ、あらゆる点でインフレしている。 良くできた脚本だとは思うが、どうもオールスターズ物は好きになれない。 もち…

今日のBGM「EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX」

今日のBGMは「EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX」。 EGO-WRAPPIN’のアルバムだが、アーティスト名に THE GOSSIP OF JAXX が併記されている。 それだけバックをつとめるこの集団との関係が濃いアルバムということだ。 実際に聴いてみると、各曲の一体感は…

今日のBGM「ベストラッピン 1996-2008 / EGO-WRAPPIN’」

今日のBGMは「ベストラッピン 1996-2008 / EGO-WRAPPIN’」。 2枚組のベスト盤だが、「ヤルキ盤」と「セツナ盤」に区分されており、どちらかというと後者のほうが好み。 最近カバー集を含んだ新たなベスト盤も出ているが、今日のBGMは昔のベスト盤。 特に意味…

今日のBGM「窓景 / 中納良恵」

今日のBGMは「窓景 / 中納良恵」。 アルバム全体の印象は「無国籍」。 けど、曲毎にさまざまな情景が浮かんでくるのも事実。 聴くほどに味わいのでてくる作品。 窓景(初回限定盤) アーティスト: 中納良恵 出版社/メーカー: トイズファクトリー 発売日: 2015/…

「ガールズ&パンツァー 劇場版」Bru-ray&DVD発売記念上映

ということで、ガルパン劇場版に行ってきた。 大きな画面と迫力の音響は、TVでは太刀打ちできない。 物語は至極単純で、市街戦→ドラマ→野戦→遊園地跡戦と展開する。 戦闘シーンも、観客を飽きさせないよう工夫がされている。 戦術の奇抜さもさることながら…

「東京大洪水」(著)高嶋哲夫

災害三部作の第三作。 なんと第二作よりも過去の出来事だった。 前二作と設定や登場人物は共通しており、「その後」を知っている者としては読んでいていろいろ思ってしまった。 さて、日本に住んでいる以上、自然災害から逃れることは至難の業である。 あと…

「彼女の季節 ―少女アラカルト―」(著)にいち

Webマンガがフルカラーで単行本化。 評判になっていたので読んでみた。 恋する多くの女性の短編集ながら、各登場人物の個性がきっちり描けている。 ストーリー自体はオーソドックスなものではあるが、読後感はよい。 気楽に読み返したくなる1冊。 彼女の季…

今日のBGM「Live/Dead / Grateful Dead」

今日のBGMは「Live/Dead / Grateful Dead」。 1969年に発表された、このバンドの最初の公式ライブアルバム。 自由な即興ギターによる静かなトリップ感が独特。 後に Bob Dylan のバックバンドを務めたときの音楽性とは相当異なっている。 Live/Dead アーティ…

恋は雨上がりのように (著)眉月じゅん

既刊4巻で連載中の作品。 主人公とその思い人の描写が気に入るかどうかだろう。 物語はそうとう甘酸っぱい。 ちなみに、主人公の思い人はパトレイバーの後藤隊長に似ている。 さて、この作品、月刊スピリッツから今年の始めに週刊スピリッツに移籍したけれ…

今日のBGM「Acadie / Daniel Lanois」

今日のBGMは「Acadie / Daniel Lanois」。 不思議なアルバムだ。 バックの楽器が、旋律を奏でているようでそうでない。 そして穏やかな歌が、語りが聞こえてくる。 ポップスとは一線を画した楽曲はとても心地良い。 アカディ: ゴールドトップ・エディション …

地球劇場 ~100年後の君に聴かせたい歌~ 小室等

谷村新司がホストを務める不定期音楽番組。 先日のゲストは小室等であった。 活動期間の長さから名前は知られていても、その音楽はほとんど知られていないのではと思いつつ視聴。 有名な曲を最初のほうに持ってくるという構成はよかったが、フォークの歴史を…

今日のBGM「100 Miles from Memphis / Sheryl Crow」

今日のBGMは「100 Miles from Memphis / Sheryl Crow」。 2010年に発表された作品。 全編を通じて、このアルバムの制作を楽しんでいる様子がよくわかる。 特にラストのボーナス・トラックであるカバー曲「I Want You Back」なんか本当に楽しそうに歌っている…

今日のBGM「Anthology Through The Years / Tom Petty & The Heartbreakers」

今日のBGMは「Anthology Through The Years / Tom Petty & The Heartbreakers」。 2001年に発売された2枚組ベスト。 5枚組ライブ盤とかもあるので、2枚組のベストは本当にその活動のエッセンス。 クレジットを見るとリマスターされている表記があった。 …

アニメ「ガールズ&パンツァー」

今更ながら、TV版の「ガールズ&パンツァー」全12話+OVAを観た。 放送当初から気にはなっていたが、なかなか踏ん切りがつかなかったもの。 戦車の描写とか、戦術の描写はすごいのだろう、素人なのでよくわからないが。 搭乗者視点での映像は、まるで…

映画「ちはやふる 下の句」

前編にあたる上の句がよくできていたので期待の作品だった。 残念ながら、前編ほど面白くはなかった。 時間の都合かもしれないが、盛り上がりを欠く中途半端な物語と、とってつけたようなエンディングはいかがなものか。 原作がどのような展開にあったのかは…

今日のBGM「SULTANS OF SWING THE VERY BEST OF DIRE STRAIS」(DISC 1)

今日のBGMは昨日に引き続き「SULTANS OF SWING THE VERY BEST OF DIRE STRAIS」で、今日はその本来のベスト盤である1枚目。 ベストなので、当然収録曲の制作時期は異なる。 総じて音楽性に大きな変化はないものの、時を経るにつれ、音が洗練されながら渋い…

おしゃれキャット

ディズニーの1970年の作品。 これは誰をターゲットにした作品なんだろう。 物語は遺産相続を巡る人間の執着が核となっているし、動物達も結構大人だし。 歌もあるが子供が喜んで歌うようなものでなし。

今日のBGM「SULTANS OF SWING THE VERY BEST OF DIRE STRAIS」

今日のBGMは「SULTANS OF SWING THE VERY BEST OF DIRE STRAIS」。 ただし、スペシャル・エディションの2枚目に収録されたマーク・ノップラーのライブ。 マーク・ノップラーの新譜がアナウンスされたが、残念ながら映画のサントラだった。 そんなこともあっ…

マンガ「アイアムアヒーロー」

映画を観たので、それまで封印していた原作を、とりあえず既刊の20冊読破。 映画は原作の8巻目あたりまでを対象としていた。 その後の展開もすさまじく、最近の部分はすでに単なるゾンビものを超越した物語となっている。 まだまだ謎は解き明かされないが…

映画「ズートピア」

ディズニーの最新CDアニメ。 登場するのはすべて動物で、うさぎの警察官を主人公にするなどファミリームービーを装ってはいるが、内容は実に大人向け。 さまざまな社会問題がさりげなく盛り込まれている。 これを子供に見せるなら、めでたしめでたしで終わ…

映画「アイアムアヒーロー」

週刊スピリッツ連載中のマンガの実写映画化。 原作はあえて未読のまま鑑賞した。 やはり、ゾンビ映画には銃器が必須と感じた。 日本を舞台とすると、銃器を扱えるのが警察や自衛隊などに限定されることから、各種描写にも自ずから制限が課されることになる。…

微熱空間 1 (著)蒼樹うめ

「ひだまりスケッチ」の作者の新作。 中身はぬる〜い青春ものだが、連載が「楽園」ということで、第2巻が出るとしても2年くらい先なんだろうか。 作者もあまり先のことなど考えずに連載してるのではないかな。 微熱空間 1 (楽園コミックス) 作者: 蒼樹うめ…

今日のBGM「ONE WAY / angela」

今日のBGMは「ONE WAY / angela」。 アニメの主題歌みたいな曲が多いなぁと思って調べてみると、収録曲の大半がアニメとかゲーム関連の歌だった。 もちろん、楽曲としての完成度はそれぞれ高いので別にかまわないのだが。 ONE WAY(通常盤) アーティスト: ang…

暗殺教室(マンガ)

ジャンプに掲載されていた「暗殺教室」の番外編が終了した。 すでに本編は終了しており、おまけだったのだが、これはこれで楽しかった。 そして日々の楽しみのひとつが消えてしまった。 ちなみに今の楽しみのひとつはTVドラマの「重版出来!」である。

僕だけがいない街(マンガ)(承前)

最終巻が未発売だったので途中までだった作品をラストまで読んだ。 なるほど、原作はこんな展開だったんだ。 決して長尺とはいえない作品だが、キャラといい物語といい、確かによくできた作品だ。 改めてアニメと比較して、根底を流れる哲学は同じだったこと…

今日のBGM「Mick Jones / Mick Jones」

今日のBGM「Mick Jones / Mick Jones」。 先日Lou Gramm を聴いたら、こちらも聴きたくなった。 やっぱり Foreigner とは違う。ギターのフレーズがそれっぽいところもあるが。 どちらかというと、ソフトな曲のほうが印象に残る。 別にボーカルに力がないわけ…

今日のBGM「19 / Adele」

今日のBGMは「19 / Adele」。 ただし、デラックス・エディションの2枚目のライブ盤のほう。 独特の声で素晴らしい歌唱を聴かせてくれる Adele のアコースティック・ライブ。 バックが小編成の生楽器なので、普段以上にボーカルが映える。 Adele - 19 (2CD D…

今日のBGM「 The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars / David Bowie」

今日のBGMは「 The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars / David Bowie」。 邦題は単に「ジギー・スターダスト」。 David Bowie には宇宙人のイメージが強い。 実際、宇宙人役で主演した映画もあったりするが、不思議な作品だった。 …