読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イニシエーション・ラブ (著)乾くるみ

 山本弘(著)「世界が終わる前に BISビブリオバトル部」に触発されたミステリー群の1冊。

そういう作品だという前提で読んだせいで、物語の中盤でその構造に気がついてしまい、以降はその確認と物語の流れを2重に楽しむことができた。

全くの先入観なしの場合、最初に戻って再読していたかもしれない。

ただ、これはミステリーだろうか?

 

映像化されたものも観てみたくなった。

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 

原発クライシス (著)高嶋哲夫

予備知識ゼロで読み始めたもの。

原発がテロリストにジャックされる、という話だった。

もっと災害的なものを予想していたのだが。

さて、本作では、自衛隊の国内での交戦が前半のハイライトとして描かれる。

そして、後半は、原子力学者が自衛隊と共にジャックされた原発に乗り込む様子が描かれる。

終盤のなんだか端折った感は残念だったが、全体としては面白かった。 

原発クライシス (集英社文庫)

原発クライシス (集英社文庫)

 

 

今日のBGM「松原みき ゴールデン☆ベスト」

2月に取り上げたベストとは異なるベスト盤。

こちらには、シングルバージョン曲が3曲収録されている。

最近カーラジオで「真夜中のドア(シングルバージョン)」がオンエアされていて、聴きたくなった。

松原みきゴールデン☆ベスト

松原みきゴールデン☆ベスト

 

 

今日のBGM「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック」

今日のBGMは「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック」。

アニメ本編で既製曲も多く使用され、それらも収録されたサントラ。

2枚組で、2枚目はどちらかというとおまけ的要素が強い。

とはいっても、「あんこう音頭」がまさかのフルコーラス収録など、聴き所は多い。

主題歌をTVサイズとはいえ収録しているのも良心的。 

TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック

TVアニメ『ガールズ&パンツァー』オリジナルサウンドトラック

 

 

今日のBGM「Footloose: Original Motion Picture Soundtrack / V.A.」

今日のBGMは「Footloose: Original Motion Picture Soundtrack / V.A.」。

CDラックを整理していて急に聴きたくなった。

映画そのものは普通の青春映画だったけど、使用された楽曲が素晴らしい。

それぞれが単独でヒットが狙える質の高さ。

 今聴いても新鮮である。

Footloose: Original Motion Picture Soundtrack, 15th Anniversary Collectors' Edition

Footloose: Original Motion Picture Soundtrack, 15th Anniversary Collectors' Edition

 

 

今日のBGM「Station To Station / David Bowie」

今日のBGMは「Station To Station / David Bowie」。

40年前の作品。

収録曲はわずかに6曲。

その一方で、完成度は非常に高い。

そこにはひとつの宇宙がある。 

Station To Station

Station To Station

 

 

今日のBGM「All Things Must Pass / George Harrison」

今日のBGMは「All Things Must Pass / George Harrison」。

2枚組CDの2枚目。

もともと3枚組のLPがあって、それがCD化に際して2枚組に。

CDの2枚目にはオリジナルアルバムの2,3枚目が収められていて、気に入ったのは3枚目相当の、いわゆる Apple Jam。

2枚組ですら珍しかった当時の3枚組、何とかオリジナリティを出そうとしたのか、元ビートルズ。 

All Things Must Pass

All Things Must Pass